学生ローンを契約する際に比較検討するべきこと

0

    独り暮らしの学生で、手持ちのお金が足りないという時でも、

    アルバイトなどをしていればローンが組めます。

     

     

    ローンの貸し付けを行う場合、

    金融会社は学生ローンの金利のほうを低めに設定しており、

    借り入れがしやすくなっています。

     

     

    利息制限法では、中小規模の金融会社は20%を

    上限金利とするよう定めていますし、

    消費者金融会社は18%を金利の上限として融資を行っています。

     

     

    18%より低い金利で、学生には貸し付けを

    行っているという金融会社もあります。

     

     

    低金利のローンを利用すると、利息の増加を抑えられますので、

    少ない金額での完済が可能になります。

     

     

    もしも学生ローンを利用するなら、

    返済のやり方が一般的なローンより不便になる可能性があるようです。

     

     

    月々の返済で使える提携ATMの数が少ないことから、

    借りたお金を返す時は銀行振り込みや店舗窓口への来訪が必要になるためです。

     

     

    窓口からの返済は時間の制限や、外出の手間がかかりますし、

    銀行からの振り込み手続きは、銀行への手数料を払わなければなりません。

     

     

    せっかく低金利で融資を受けても、

    返済時に毎月銀行への手数料を支払っていると、負担は大きくなります。

     

     

    返済が終了するまでに何度の支払いを行うかは、

    借り入れ時の条件次第ですが、意外な高額になることもあります。

     

     

    金融会社の中には、融資の契約を交わすときに

    印紙代を別に請求してくることもあるので、注意が必要です。

     

     

    利息の他にも、手数料や実費がどのくらいかかるかを試算して、

    お得な借り方ができる金融会社を探すことが、

    学生ローンを使う時に心がけておきたいことと言えるでしょう。

     

     

    JUGEMテーマ:カードローン


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.07.22 Monday
      • -
      • 08:06
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      転職情報

      profile

      profilephoto
      ■ニックネーム:タロウ
      ■年齢:40代
      ■住んでるところ:東京都内
      ■一言:お金があれば悩みの90%は解決すると言われています。人には迷惑をかけずにきっちりと資金管理していくことを目指しています!

      selected entries

      categories

      archives

      links

      ランキング

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR